So-net無料ブログ作成

季節外れのスイカ割と、電子マネーがスマートフォンに対応の話 [電子マネー]

今日、2010年10月4日(月)から、10月8日(金)までの限定5日間、
JR東日本のコンビニエンスストア「NEWDAYS」では、Suica・PASMOをはじめ、
相互利用可能な交通系電子マネー(Kitaca、TOICA、ICOCA、SUGOCA、nimoca、
はやかけん)で1回300円以上お買い物をすると、その場で30円引きになる
「Suica割」を実施。
*対象店舗は、Suica端末が設置されているNEWDAYSになります。

たった5日間という日程もさることながら、300円以上で1回30円引き。
たとえ3000円買っても、3万円買っても、等しく30円引き。
*3万円は1回の買い物では払えない…というご指摘も(コメント欄参照)

そのうえ、対象外商品というのもあって
たばこ・新聞・雑誌・書籍のほか、サービス品と呼ばれる郵券類・チケット・
Suicaチャージ・公共料金・宅配料金など
うーん、本や新聞で割引にならないのは痛いかなあ。公共料金もね。
ま、これらの商品が対象外なら、めったなことでは3万円にはならないだろうと(笑)
*だから、Suicaで1回に3万円は払えないって

でも。確かにささやかなキャンペーンっていえますけど、注目したいのは、
この手のキャンペーン、たいがいはSuicaに限定されてることが多いんですが、
PASMOとかICOCAとか、相互利用可能な交通系電子マネーで支払った場合でも、
すべて30円引きですって言ってるところ。

常々、交通系電子マネーはSuicaの一人勝ちだといわれ
私自身もそんなふうに思っていたところがありましたが、
モバイルSuicaへのチャージでポイントやマイルが付かないクレジットカードが
増えているなか、必ずしも「Suica万能」とは言いきれないんじゃないかと。

現在は、いろんな電子マネーについて勉強しているところですが
ホント、このキャンペーン、複数の電子マネーが対象になってることで
Suica以外の交通系電子マネーにも目を向けてみるきっかけになるかも知れませんね。

ただし「NEWDAYS」での買い物で200円=1ポイントの割合でたまるSuicaポイントは
Suicaポイントクラブに登録したSuicaで支払った場合に限り付与されますので
お間違えのないように。
Suicaポイントは、Yahoo!ポイントを経由して、JALマイルに交換可能です。

また、第2弾として、JR東日本の駅売店「KIOSK」(Suicaの使える店舗限定)でも
2010年10月18日(月)~10月22日(金)までの限定5日間、
200円以上のお買い物で、20円引きになるキャンペーンを実施する予定。
対象電子マネー、対象外商品は今回の「NEWDAYS」と共通です。

ところで。今日2010年10月4日は、auの新しいスマートフォン、シャープのIS03の
発表があった日で。
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/is03/

その大きな特徴として、スマートフォンでついに、おサイフケータイに対応したこと。
えっ、確かにウィキペディアにも「国内のAndroid搭載スマートフォンとしては初となる
おサイフケータイ対応端末」と紹介されてるんだけど、今までなかったんですか?
…すみません、私、スマートフォンについては不勉強でして。
ガラケー持ち、しかも使いこなしていないという化石級人間ですから。

そして早速、この「おサイフケータイ」に対応したAndroid搭載スマートフォンにおいて
EdyとモバイルSuicaが、アプリ対応を発表。

http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2010/1004.html(Edy)*楽天のリリース

http://www.jreast.co.jp/press/2010/20101001.pdf(モバイルSuica)(PDF/62KB)

リリースによれば、Edyは2011年1月、モバイルSuicaは2011年度上期から
サービス開始を予定しているようです。詳細はまだ不明といったところですが。

それにしてもなあ。スマートフォンに対応したからって、電子マネーの使い勝手が
格段によくなるものなんでしょうか?
まあ、導入当初はキャンペーンも行なわれるでしょうが、その後レギュラーで
ポイントやマイルが特にお得にたまるしくみが設けられるとか?
そういうのはないんでしょうか。

私、個人的にはEdyもSuicaも、携帯電話のほうはほとんど使ってない生活を送ってまして。
特にモバイルSuicaは、自分が紐付けしていたJALカードで2010年5月くらいから
チャージでマイルが付かなくなってしまい、それ以来、距離を置き。

チャージしていた残金が尽きてしまったら、退会することまで考えてるんですよ、正直。
(ですからSuica割キャンペーンにも、参加する予定はありません)
新しくビューカードを紐付けする意志や余裕は、今のところまったくありませんし。

上記のモバイルSuicaのリリースには、モバイルSuica会員数が増加の一途を
たどっているというグラフも掲載されてまして。
私も218万人のなかの1人ですが、やめてしまおうかと思ってる人間にとって
何たる皮肉的なグラフとも、思ってる次第なんですよね。