So-net無料ブログ作成

私だって、ずっと前から鉄子です!

2016年10月、初めての著書ローカル鉄道の解剖図鑑」が出版されました。

トラベルライターの仕事の依頼がございましたら、お気軽にお申し付けください。
得意分野は鉄道[新幹線]飛行機[飛行機]温泉[いい気分(温泉)]など。お待ちしております。
メールはこちらへお願いします。

電子マネー関係の記事の作成(取材・執筆など)も喜んで承ります。
単行本の執筆もおまかせください! 原稿も短期間で用意できます。
2013年冬、「電子マネーに夢中になっているオバサン」として、Eテレ(NHK教育)の深夜番組でも紹介されました。

もうひとつのブログ(個人ブログ)もよろしくお願いします。
あの頃の鉄道旅行が今、よみがえる…。月に一度のペースで更新しています。
女子大生 国鉄全線 ひとり旅
前の5件 | -

平成最後の鉄道旅 [旅行]

これまでは月の末日に更新していましたが、今後は原則として、比較的時間がある
その月の最終金・土、あるいは日曜のいずれかの日に、記事をアップする予定です。

さて、「平成」も残すところあとわずかとなりましたが、私も今日から10連休。
じつは昨年は、当時の勤務先の変則シフトの都合で、なんと「11連休」が
実現していたので、それよりは一日短いですが(笑)、当時の状況など振り返ると
経済的にはともかく、精神的には今年のほうがずっと余裕があります。

てなわけで、今年は私も、2泊3日の国内旅行ですが、明日から4月30日まで
文字どおり、平成最後の旅に出る予定です。

行き先は東北。目的は2つあって、ひとつは両親の墓参り。
そしてもうひとつは、先日やっと「縦貫」が実現した、三陸鉄道に乗ることです。

何しろ、小学生~中学生にかけてのおよそ2年の間、住んでいたところの最寄り駅が
8年ぶりにようやく復活したのですから。

1984(昭和59)年の開業初日(4月1日)に、当時の国鉄山田線をはさんで
全線乗った自分としては、今回の「全通」についても、当然3月23日の運行再開日に
乗ることを望んでいたわけですが、招待客でなければ願いがかなわなかったわけだし
何よりも、お金がないし、休みもとれなかったしで…。

かくいう今回の旅についても、往復はダンナが運転するクルマ。
両親が眠る墓は、三陸鉄道からかなり離れた場所にあり
スケジュールの都合からいっても、2泊3日で効率よくまわるのは難しい状況。
列車の運行ダイヤも必ずしも便利なものとはいえませんし。
盛~久慈間の踏破はかなわず、一部区間の乗車になる可能性が大です。
(それでも、旧山田線区間は通しで乗りたいとは思いますが)

正直、当地への訪問は長いことご無沙汰しておりましたし
加齢のせいか記憶力の著しい低下を実感する今日この頃(泣)。
現地に行って、どれだけ当時のことを思い出せるかわかりませんが
自分なりに楽しんでくるつもりです。

なお、今回の旅行の模様は、現在旅行記の更新が途絶えている
アメブロの「女子大生 国鉄全線 ひとり旅」がひととおり完了した後に
公開する予定です。
そのため、しばらくお待たせしてしまうことになりますが
あらかじめご了承ください。

えっ、旅行から帰ってきて、5月に入って(つまり「令和」になって)からの
残りの休みで仕上げればいいだろうって!?
そりゃああなた、昨年の11連休で経験済みですが
長い休みも、あっという間に過ぎるもの。
いろいろ予定を立てても、結局全部こなせないのは目に見えています。
ほかにも片付けなけりゃならない雑用が山ほどあるし。

それでも、遠くない将来にはアメブロの旅行記をまとめ
出版にこぎつけるという目標があります。

改元後の話になりますが、トラベルライターとしての復活も
絶対に成し遂げる夢を抱いてます。
今後も引き続き、応援よろしくお願いします。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。






コメント(0) 
共通テーマ:旅行

格安スマホ、一周年 [電子マネー]

今勤めている会社にある「オフィスグリコ」、これまではカエルの貯金箱に
現金を入れて支払う方式オンリーだったのに、先日から、なんとQRコード決済の
「ペイペイ」が、新たに導入されてました。利用状況はどうなっているんでしょうね。
(私自身はペイペイ持ってないですし、現金でも利用したことはありませんが)

かと思うと、今月中旬にプライベートで行ったあるお寺のお土産売場に
「ペイペイ」で支払える旨の案内があるのを発見!
いやあ、飲食店とか美容室とか、「ペイペイ」がすさまじい勢いで
増殖しているのを実感するこの頃ですが、まさかお寺にまで!?
もっとも10年ほど前、寺社の売店などで電子マネーが使えるようになったときは
あまりに驚いて、ブログや「mixi」日記に書き込んだこともありまして。
そのときに比べると電子マネーは国内各地にぼちぼち浸透している感はありますが
まさか、QRコード決済のほうまで…。

こう書くと、日本にも「キャッシュレス決済」の流れは確実に来ているとは
いえるでしょうが、実際のところ、今度のいわゆる「10連休」に向けて
政府などが「金融機関の休日を確認して、現金引き出しは余裕を持って早めに」
などと呼びかけてる状態じゃあねえ…。

もし政府が、本気で「キャッシュレス決済の浸透」を願っているのだったら
この10連休を利用して、現金をなるべく使わないようにする
「プレキャンペーン」でも行えばいいのに、と思うんですが。
増税半年前の状況から見て、なかなかうまくいかないだろう、と判断したのでしょうか。

さて、長すぎる前置きはこのへんまでで、今日の本題は、自分が格安スマホを
持つようになって、今年4月で一年になること。

昨年の今頃、かなりの経済的苦境に陥ってた時期(今も抜けきれてませんが)、
あまり利用してないにもかかわらず、ひと月に8000円~9000円ほどかかる
スマホ代が、悩みの種になっていました。

何しろメールやウエブ検索・閲覧はPC中心。スマホではSNSはしないし
カメラもほとんど使わないし、電話もあまりかけない/かからない。
ゲームもスマホではしたことないですねえ。

そのわりに高すぎるスマホ代が気になっていて、結構前から
「格安スマホ」への乗り換えを検討していたのですが、私がこだわっていたのは
「おサイフケータイ」機能があること。

何しろ調べてみると、特に外資系での格安スマホでは「おサイフケータイ」に
対応したものが、ほとんどありません。
QRコード決済も現在ほどには注目されてなかったし。

なもんで、機種が限られている分、逆に選びやすかったといえるかもしれません。
au持ちだった私が結局選んだのは、同じKDDI系列の「UQモバイル」の製品。
今では希少な国内メーカー製で、以前はNTTドコモの「丸洗いできるスマホ」として
CMでも紹介されていたものです。

ところが。同じ系列だから乗り換えも楽だろうと思っていたら、トンデモナイ。
とっくに「2年縛り」は過ぎてたはずなのに、やれ解約時期によって
思っていた以上にお金がかかるとか、auだってもっとお得な料金がありますとか
いわゆる「引きとめ」を食らって…それでも一刻も早く「安い」料金に
切り替えたかったので、結局は万単位のお金を払い、乗り換えにこぎつけました。
その後は月3000~4000円と、以前とはほぼ半額に落ち着いています。

そしてお目当ての「おサイフケータイ」、今は以下のものを利用しています。
・モバイルSuica
・QUICPay
・モバイルスターバックス *厳密には電子マネーではありませんが

WAONやnanacoは事情あって、カードで使ってますし(nanacoはほぼ休眠状態)
楽天Edyはとうの昔に、利用するのをやめてしまいました。

スマホに入れてるもののうちモバイルSuicaは、定期券で使ってることもあって、
一番利用頻度は多いですが、あくまで交通費としての支払いにとどめ
買い物には極力使わないようにしています。
あとQUICPayはANAカード(JCB)の紐付け。これまではJALメインにマイルを
ためてたこともあって、QUICPayはあまり利用してなかったのですが
QRコード決済の「めんどくささ」を体感した自分としては、今後はもう少し
QUICPayを利用しようかなと思ってます。
*そういえばスターバックス、これまではANAカードで支払えばマイルがお得にたまる
「ANAカードマイルプラス」対象店でしたが、つい最近、「JALカード特約店」にもなり
JALのマイルもお得にたまるようになりましたね

それでは今回はこのへんで。今後どうなるかはわかりませんが
各種クレジットカード、電子マネー、QRコード決済などなど、
キャッシュレス決済に向けての施策やキャンペーンなどについては
これからも注視していきたいと思います。

追記:
突然新元号の話。すでに辞書などにも出てる語句なので、
採用される可能性は低いですが、「浩然(こうぜん)」はいかがでしょうか。
・新天皇の称号「浩宮」の一字を採用
・私のどこかの母校の校訓だったか校歌だったかに「浩然」があったような気がする
が、その理由なんですが。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

QRコード決済、初体験 [電子マネー]

じつは今月の中旬、ある展示会を見に上野へ行ったときに
ちょうど近くの公園で、国内外の食べ物が味わえる屋台がズラリと出てて。
足をのばしたんですが、入口のところに、外貨両替所のトラックはあったものの
クレジットカードはおろか、電子マネーとかQRコード決済とかにも
対応している店はほぼ皆無でした。
日本でもキャッシュレスは浸透しつつあるとは聞いているのですが
おそらく外国人観光客の比率が国内でもトップクラスに高いと思われる
東京・上野でさえ、このありさま。
正直、キャッシュレス社会への道はまだまだ遠いと思いましたね。

ところで。前回の記事で、自分自身は新しいキャッシュレス決済、
例えば使ってみたいクレジットカードがあるとか、スマホでのQRコード決済にも
挑戦したいようなことを書きましたが、現実には厳しい経済状態もあって
実現までにはまだまだ時間がかかる、今は様子見、と記しました。

しかし。ひょんなきっかけで、自分でも思いもしなかったQRコード決済アプリを
取り込み、初めて買い物をするという経験をしましたので、
今回は、そのことについて書きたいと思います。

ある日のこと。自分が使っているクレジットカード会社・セゾンから
「ケンタッキーフライドチキンが半額」とタイトルに書かれたメールが届きました。
じつは私、そんなにケンタッキーが好きというわけでもないのですが
お得に航空マイルがたまるという意味では、ほとんど縁がないお店ということもあり
ここ何年もご無沙汰してましたから、久々に食べたくなってしまって
思わず、メールを読んでしまいました。

するとメールの本文には、「セゾンOrigami Pay」というQRコード決済を使うと
キャンペーン期間なら、ケンタでの利用分が半額キャッシュバックになるということが。
「はあ、オリガミペイ?」

ここのところ、やれ何とかペイとか、やれかんとかペイとか、
とにかく○○ペイが百花繚乱状態ということもあり、情報はいやというほど
耳に入ってくるのですが、「オリガミペイ」については、名前を聞いたことがある程度。
「ペイペイ」や「LINEペイ」のように、派手なキャンペーンを打ってるわけではないし
航空マイレージにもあんまり関係なさそうだから、オリガミペイについては
正直、関心がほとんどなかったといって差し支えなかったのです。

それでも、セゾンOrigami Payなら手持ちのセゾンカードを紐付けにできるし
ローソンやロフトなどでも使えるといいますから、まあ、使ってみるのも悪くないと
思い、「セゾンOrigami Pay」を自分のスマホにインストール。
自分でも思ってもみなかった、QRコード決済との出合いとなりました。

早速ケンタッキーへ。おっとその前に、初めて使ったのは
今の勤め先の近くにある「ナチュラルローソン」。
レジのところでちょっともたつきましたが、無事支払いを終えました。

そしてその日の夜は、家から一番近いケンタッキーのお店へ。
こっちも何とか無事に、久々のケンタのチキンを頬張りました。

その後も、ケンタッキーをはじめローソンは普通のローソンやナチュラルローソン、
自宅近くにあるローソン100なども含め、何度かオリガミペイで買い物しています。

と書くと、ずいぶん便利に使いこなしているように感じるでしょうが
じつは使えば使うほど、QRコード決済とやらの不便さに気づかされるんですよね。

まあアプリ起動時に、パスワードかなんか入れてログインしなきゃならないのは
セキュリティの問題上、いたしかたないとは思いますし、
ローソンとケンタでも、決済方法に若干違いがあるのも許容範囲ですが。

たぶん、私がそれまでバリバリの「電子マネー使い」、すなわち
「非接触式フェリカ型電子マネー払い」にあまりにも慣れきっているためか
いちいち「アプリ起動」「ログイン」しなきゃならない、そのこと自体が
あまりにもまどろっこしくてたまらないんですよ。

たとえばこれが、フェリカタイプの電子マネーの場合、カードはもちろん
「おサイフケータイ」でも、いちいちアプリ起動しなくたって決済できるし
極端に言えば「バッテリー残量がある限り」スマホの電源入れなくたって
支払いが可能ですからね。

そりゃあ、おサイフケータイ対応機種じゃなきゃ
Suica(交通系電子マネー)とかEdyとかWAON、nanacoなどは使えないのに対し
QRコード決済なら、ほとんどのスマホで使えるはずですからね。
QRコードのほうが手っ取り早いと感じる人も多いでしょう。

中国などがあっという間に「キャシュレス決済大国」になったのも
ひとえに、QRコード決済のおかげといっても過言ではありませんから。
そういうわけで、日本ではQRコード決済のほうに関心がいってるのも
確かのようです。

でも諸外国ではむしろ、「ガラパゴス」と思いがちな日本の「フェリカ型」電子マネーに
関心が集まってるという話も、聞いたことがあります。
それこそ、最近のiPhoneで対応するようになった「ApplePay」とか、
アンドロイド陣営の「GooglePay」などは、ソニーが開発したフェリカ型を参考にして、
日本対応の機種に導入したという話ですから、おサイフケータイの使い勝手に、
あらためて注目しているといったところでしょう。

というわけで、「セゾンOrigami Pay」、なんだかんだ言って
3月は永久不滅ポイントが最大30倍たまるキャンペーンをやるようですから
来月もまた、何度か使うつもりです。
でも、使い勝手はともかく、ことオリガミペイについては
使える店が、もっと増えてほしいというのが正直なところ。
スーパー、カフェ、ファストフード、ドラッグストア…
もう少しバリエーションがほしいです。がんばれオリガミペイ。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

2019年のキャッシュレス生活は? [あいさつ・内輪話]

平成最後の年の、最初の記事。
東京では今年に入って初めてかもしれない、本格的な雨が降っています。
(多摩地区のこの辺は、ひょっとして雪になるかも)

さて、前回の記事で久々に、このブログ本来のテーマであるマイレージというか
ポイントというか、いわゆる、電子マネーなどのキャッシュレス手段について
2019年に向けての展望を、ほんのひとくさり語ったわけですが。

年が明けても、具体的なことはあまりわかってませんね。

すでにお金を使うシーンの95%以上を、クレジットやら電子マネーやらの
キャッシュレスにしている私は、今回の施策を機会に
例えば、スマホのQRコード決済にも挑戦してみるとか
普段利用したことのないお店にも行ってみようとか思ってるんですが。

それより、予想以上に経済状態が不安定で…。
じつは、新しく使ってみたいクレジットカードがありまして
チャンスがあれば申し込もうとは思うのですが、昨年は数カ月間、事実上の
「失業」期間があるので、今申し込んでもはねられるのは目に見えています。

したがいまして、今年は様子見。ひたすら働かねば。
まずは、経済状態を立て直しませんと。

そんななかでも、前回の予告どおり
折に触れ気がついたこととか、指南ではなく、気軽な雑感のような形で
自分なりのキャッシュレス生活を書き綴っていきたいと思います。

それでは、今年もよろしくお願いします。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナントカ元年は、キャッシュレス元年!? [その他]

改元が予定されている2019年ですが、皆様ご存知のように、
消費税が10%に上がることが予定されている年でもあります。

そして、その経済的影響をできるだけ抑えるべく
数々の措置が予定されているのも、これまた、皆様ご承知のことと思います。

特に諸外国に比べ、日本はキャッシュレス化が遅れているということで
その促進に努めようと、やれ現金以外の決済をしたかたにはポイントで還元だとか
あるいは、なんとかペイや、かんとかペイといった、スマホ決済のサービスが次々と
登場だとか、なんかめまぐるしい昨今。
それがために、2019年を「キャッシュレス元年」とおっしゃるかたもいるようです。

でも…正直言ってなんか、混乱のきわみですよね。

じつは私自身はすでに、お金を使うシーンの95%以上をクレジットカードとか
電子マネーとか、いわゆる現金払い以外の手段に切り替えてますから
キャッシュレス化は痛くもかゆくもないというか、むしろ歓迎というか。

ただ、報道を見るにつけ思うこと。
そんなにあわてて(無理して)キャッシュレスにしなくてもいいのでは?

確かについ最近まで、日本と同様の「現金主義」だったはずの中国や韓国が
テクノロジーの進展や、国などの施策もあって瞬く間にキャッシュレスが浸透し、
いまや世界でも屈指の「キャッシュレス大国」になっていますから、
なんとなく悔しいというか、置いてけぼりをくらったような感も理解はできます。

まあ中韓とまではいかなくても、せめて欧米並みに…という声も聞きますが
意外にもキャッシュレスが浸透してない欧州の国も実際あったりして。
(例えばドイツなど日本並みというか、むしろ日本よりキャッシュレス決済の
割合が低いと出ている統計も。なぜだろう)

それは別としても、政府のかたがたって、本気でキャッシュレス社会を
望んでるんでしょうか。
食べる場所で税率に差をつけたり、店の規模でポイント還元率に差をつけたり。
そんな面倒くさいことを考えるくらいなら、はじめから、消費税率なんて
引き上げなくてもよかったのではないでしょうか。

最近仕事が忙しく、家事や雑用が思うようにこなせない自分は
余裕ができたら、キャッシュレス化についてもう少し勉強し、
かつてと同じように、またブログ記事やmixi日記などでのマイル・電子マネー指南を
復活させたいと思ってますが。

ごく初歩的な段階から、わからないことの連続。
例えば、施策の目玉となっている「キャッシュレス決済したらポイント還元」の
ポイントって、そのときに使ったクレジットカードとか電子マネーとか
あるいはQRコード決済サービス、またはプリペイドカードのポイントと
解釈して差し支えないんですよね?
マイルのたまるカードの場合、ポイントはマイルに置き換えていいんですよね?

また、中小規模の店舗に税率やポイント還元で優遇措置がとられるようですが
その中小規模の線引きってどんなものなのでしょうか?
私たちが見てわかるように目印があったり、インターネットのサイトで
紹介されたりするんでしょうか?

ふう。でも今のところ、制度の不備のツッコミがあるたびに
施策の内容が変わったりしてるからなあ。
そんなグラグラな態度で、果たして国民が納得できる仕組みになるんでしょうか。

それにしても。
いまだに「クレジットカードは何円以上でないと使えません」なんて言ってたり
東京のど真ん中、しかも最先端の都心と誰もが認めるようなところで、
「当店ではクレジットカードは受け付けておりません」となぜか高飛車的姿勢で
案内を掲げてたり。

いや、わかりやすい典型例のひとつとして挙げられるのは
各種電子マネーやクレジットカードに対応してるはずのコンビニに
堂々と置かれている「現金ATM機」の存在。
こういうのを見ると、キャッシュレス社会の実現はかなり難しいのではないかと
思ってしまいますね。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -