So-net無料ブログ作成
検索選択
その他の航空会社 ブログトップ
前の10件 | -

ユナイテッド航空の羽田-サンフランシスコ就航を記念して、ペア航空券が当たる! [その他の航空会社]

いよいよ2014年10月28日より、UAことユナイテッド航空の羽田-サンフランシスコ線の
就航が開始!
*正確には、10月26日サンフランシスコ発のUA875便が翌27日夜に羽田着。
深夜の28日1時発のUA876便が、日本発の初便となる

この便は羽田発が午前1時ということで、仕事が終わってすぐその夜からとか、
あるいは、日本各地からの乗り継ぎで、夜のうちにすぐ発てるということで、
無理のない旅行スケジュールが立てられます。

さらに、サンフランシスコ到着が、現地時間で前日の17時10分、すなわち夕方。
到着してすぐに動くのではなく、ゆっくり体を休めたい場合には好都合だし
おまけに前日着なので、むしろトクした気分にも!?

そこでユナイテッド航空では、就航を記念して、同路線の航空券が当たるキャンペーンを
2014年12月31日まで実施中! 羽田発深夜、サンフランシスコ着夕方のスケジュールを
活かして、あなたがやってみたいことの投票を呼びかけています。

下記のキャンペーンサイトに掲載された“やってみたい。15 Things to Do List”の
なかから、お気に入りのアイデアを最大3つまで選んで投票すると、毎月1組2名様に、
羽田-サンフランシスコ往復エコノミークラス航空券がプレゼントされますよ。
http://web.unitedair.jp/haneda/

いやあ、サイトを見るとじつにいろんなアイデアがありますね。
月ごとにリストは少しずつ変わるようなので、毎月応募することも可能。
さらに、今ひとつやってみたいことがないとか、自分にはもっとすごいアイデアがあると
いうかたは、自分自身が考える“やってみたい。Things to Do”を応募することも可能。
キャンペーンサイトのリストに採用された場合には、素敵な記念品を差し上げるそうです。

航空券プレゼントのほかにも、就航記念キャンペーンとして、
往復で最大1万マイルのボーナスマイルがもらえるキャンペーンも。
“やってみたい。15 Things to Do List”と同じページに案内が記載されてます。
http://web.unitedair.jp/haneda/

また、京急と組んで、羽田-サンフランシスコ往復航空券や、ホテル宿泊券などが
当たるキャンペーンも、2014年11月18日まで実施中! 詳しくは下記サイトを。
http://www.keikyu-group.com/cp/united/public/entry.html


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

ネットマイルでジェットスターの航空券を買うと、4%mileが貯まります! [その他の航空会社]

じつは私、LCCと呼ばれるローコストキャリアは利用したことがありませんし
また、LCC情報にもあまり詳しくありません。
ひとえに、乗ってもマイルが付かないから…という理由もあるけど、むしろ
関東地方でLCCの拠点空港になっている成田空港が、東京西部の多摩地区に住む
自分にとっては、かなり遠く感じるからという理由のほうが大きいです。

そんなLCCにあって、今月上旬、ジェットスター・ジャパン(GK)において
PlusオプションやMaxオプションを選択した場合に限り、それぞれ25%の
JALのフライトマイルが付くようになったのは、マイラーの皆さんにとって
朗報として迎えられました。
http://www.jal.co.jp/jmb/earn/travel/flight/gk.html

Plusオプションでは、フライトの日時および搭乗者名を変更する際の変更手数料が
無料となり、Maxオプションではそれに加え、払い戻し手数料を支払うことで
キャンセルが可能になったり、出発地、目的地の変更も可能になったりします。
また、機内サービスの一部が無料で利用できるようになったり、選択が可能に
なったりします。その分割高なのは、致し方ありませんけどね。

さらに先週の金曜日に届いた、ポイントサイト・ネットマイルのメールマガジンによると
ログイン後、ネットマイルを経由してジェットスターのサイトに行き、航空券を買うと
4%のmile(ネットマイルのポイント)がプレゼントされるとか。
国内線のみが対象となります(国内線以外は対象外です)
*mileはキャンペーン参加後90日以内に付与されます
*虚偽・キャンセル・重複注文、および出発の確認ができない場合は対象外です

それにしても。ネットマイルのメールマガジンでは
「オーストラリアやニュージーランドへ旅をするなら」とか、
「ほかにもシンガポール、フィリピン、台湾にも就航」とか紹介してるけど
国内線しかmileがもらえないのに、これは誤解を招きやすい表現ではないかな!?

もっとも、JALのマイルが付くのも、ジェットスター・ジャパンが運航する路線というか
イコール国内線利用の場合となりますので、マイル、あるいはmileをもらうなら
ジェットスターの国内線に限られますね。

ネットマイルといえば、私が知る限りでは、国内のポイントサイトのなかで
最も多くの航空会社と提携しているところ。
JAL、ANA、デルタ、ユナイテッドといったお馴染みどころをはじめ、
スターフライヤー、キャセイパシフィック、アメリカンといった航空会社のマイルに
貯めたmileがダイレクトに交換できます。
*ジェットスターとは、ポイント交換の提携は行なっておりません

貯めたmileを、JALのマイルに交換するつもりならば、ジェットスター国内線利用で
フライトで直接+ネットマイルを通して間接的にJALマイルが貯められることに
なりますし、あるいは他社の航空マイルにmileを換えるのも可能。
クレジットカードも利用すれば、さらにトリプルにマイルを貯めることも思いのまま。
*ブランドや居住地により、利用できないクレジットカードがあります

さきに、ネットマイルのmileはジェットスターのマイルに交換できないと
書きましたが、mileをJALマイルに交換した場合、そのJALマイルを
ジェットスター・ジャパン国内線の特典航空券に換えることは、以前から可能でした。
http://www.jal.co.jp/jalmile/use/partner_air/p_gkd/
JAL10,000マイルから、成田-関空、関空-福岡の往復航空券に換えられます。
成田-沖縄の長距離路線でも、JAL12,000マイルでOKです。
*片道航空券への交換もできます(7,500~9,000マイル)

こうして調べてみると、国内線オンリーとはいえ、結構充実してるんじゃないかと
思うんですが、いかんせん、利用するには、自分にとって成田はちょっと遠すぎて…。

ジェットスターのサイトはこちらです(日本語)。
http://www.jetstar.com/jp/ja/home


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

ヴァージン アトランティック航空の全エコノミークラスで100%のマイル獲得が可能に [その他の航空会社]

近年、数々のバーゲン運賃や「布袋寅泰割」「Rock割」といったユニークな名前の
エコノミークラス割引運賃を提供し、当ブログでもしばしば紹介している
ヴァージン アトランティック航空(VS)

しかしこういった運賃、おトクだなと思って飛びついても、実際には
マイルが50%しかつかなかったりすることもザラ。
なかには、まったくマイルが積算されないケースもありました。

ところが先日、VSから届いたメールマガジンによると。

全エコノミークラスで100%のマイル獲得が可能に!
http://www.virginatlantic.co.jp/flyingandmileage/mileage/save/virgin.php#1

VSのマイレージプログラム「フライング クラブ」会員のかたは、2013年6月28日より
全てのエコノミークラスで100%マイル獲得が可能となり、
マイルを貯めやすくなったとのこと。

そうか。これからはクラス名を気にせず、バーゲン運賃であっても
原則として100%のマイル積算が見込めるってことですね。
*もっとも2008年11月までは、エコノミークラスは100%マイル積算だったと記憶。
5年の時を経て、もとに戻ったと表現したほうがいいかも

まあヴァージン アトランティック航空といえば、マイラーの皆さんにとっては
もっと気になるニュースもあったりするわけです。

デルタ航空とのコードシェアおよびマイレージプログラム提携がスタート
http://www.virginatlantic.co.jp/press.php?q=1243

上記のプレスリリース(日本語訳)によると、ヴァージン アトランティック航空と
デルタ航空は、北米と英国の66の就航地をシームレスにつなぐ108路線で、
コードシェアを開始。

また ヴァージン アトランティック航空マイレージプログラム
「フライング クラブ」会員のかたは、デルタ航空の利用でマイルを獲得でき、
特典フライトへの交換も可能となります。

リリースを読むと、マイレージプログラム上級会員や上級クラス利用者は
ラウンジの相互利用、優先チェックインなどのサービスもあるようで、
結構フレキシブルに、お互いの航空便の利用でマイルを貯めたり、
使ったりができるようです。

とすると…ひょっとしてVSは、デルタ航空がメンバーになっている航空連合
「スカイチーム」に、入ることになるのかな!?
世界の三大航空連合のどこにも属してないVSに、熱い視線が注がれているようです。
(まあ今は噂の域を出ませんが…)

いずれにしても今回の提携で、日本ではフライングクラブよりもずっと会員数が多い、
デルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」会員にとっては、
ヨーロッパ行きの航空会社、ことに英国にダイレクトに飛ぶ航空会社が加わることで、
欧州旅行の選択肢がグッと充実。

さらに2014年(予定)には、羽田乗り入れも表明しているVS。
http://www.virginatlantic.co.jp/press.php?q=1212
東京都心や東京西部、神奈川県方面に住むかたにとっては、
これまでよりずっと便利にVSを利用することが可能になります。

その一方で、現在、VSが提携を結んでいるANA(スターアライアンスメンバー)との
関係はどうなるのか、気になるところではありますが…。
当ブログでは情報をつかみ次第、皆様にお伝えしたいと思っています。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

ヴァージン アトランティック航空が6月に放つその名も「Rock割」 [その他の航空会社]

ちょっと前、日本からイギリスに移住したロックギタリストの名を冠する
布袋寅泰割なる運賃を発表し、話題を巻き起こしたヴァージン アトランティック航空

そのヴァージンが、またまた放つビックリ運賃のご案内です。

’ロック' な運賃でイギリスへ
エコノミークラス Rock割
http://www.virginatlantic.co.jp/tariff.php?code=4B53686L3

世界最大級のロックフェスティバル、グラストンベリーや、アイル・オブ・ワイト、
スコットランドのネス湖で行われるロックネスなど、
イギリスのロックフェス・シーズンがいよいよ幕を開ける季節。
それにちなんでヴァージンが、英国にお得に行ける運賃を設定しました。

…いや、この「Rock割」、メチャメチャ運賃が安いわけじゃないんですが
日本語のダジャレを掛け合わせているのが、なんとなくユニークというか。

設定期間は、2013年6月1日から同年6月30日まで、まさに6月。
(販売は6月23日まで)

運賃設定は、69,000円~と、まさしく「ロック!」

なお、往路土・日曜発、復路金・土曜発の週末の場合は、10,000円追加。
子供(2歳以上12歳未満)の運賃は大人運賃の75%、 幼児(2歳未満)で
座席を利用しない場合は大人運賃の10%、座席を利用する場合は子供運賃と同額です。

滞在日数は、最小3日間~最大14日間
サイトで予約の場合は、予約と同時にクレジットカードでのお支払い。
航空券は購入者のメールアドレスに「E-チケット」として送られます。
また、ヴァージンの弊社予約部で予約の場合は、予約後72時間以内、
または6月23日までに支払い、発券を行なってください、とのことです。

さらに上記運賃には税金、サーチャージ類は含まれておらず、発券時に相当額の空港税、
航空保険特別料金、燃油特別付加運賃等を収受するそうです。

とすると、厳密には「ロック」ではなくなっちゃいますけどね。

あとは、VSの便名が付いていても、コードシェア便(VS7801/VS7802)は
利用できませんので、ご了解ください(ANAの機材と乗務員で運航される便です)。

そうそう、ヴァージンのマイレージプログラム「フライング クラブ」に
入会している人には気になる「マイルが付くかどうか」ですが、
予約クラスはNクラスなので、50%のマイルが積算されることになるようです。
http://www.virginatlantic.co.jp/flyingandmileage/mileage/save/virgin.php#1

ぜひあなたも「Rock割」で初夏のロンドンへ!


お読みいただきましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

雑感:LCCと大手に挟まれて [その他の航空会社]

皆さんこんにちは。「ゆるマイラー鉄子」を自認しているトラベルライター兼、
電子マネー研究家・岩間昌子と申します。
*旅行、または電子マネー関連の執筆の仕事がありましたら、ぜひ声をかけてください

JALマイレージバンクとYahoo!ポイントとの提携サービスの終了のニュースがなければ
昨日の記事ではこちらのニュースを取り上げていたと思います。

関西国際空港発着便休止のご案内
http://www.skymark.co.jp/ja/company/investor/121228_press.pdf
(PDF)

上記ページのプレスリリースによると、スカイマークは関空こと関西国際空港を
発着する関空-札幌(新千歳)線と、関空-那覇線を、2013年3月31日をもって
運航休止とするとのこと。

このニュース、ほかのマスコミでも取り上げられていますが
同日の朝刊で、いち早く報じた日経新聞は「スカイマーク、関空撤退」と断じています。
もう関空発着の路線を復活させることはない、といわんばかりに。

日経記事によると、スカイマークが関空路線を開設したのは、2012年3月とありますから
本当に新しいんですね。まだ開設して1年とは経っていません。

ところが、スカイマークのリリースにもあるように、「他航空会社参入等により
競争環境が激化」とのことで、同社が窮地に立たされる格好に。

なかでも脅威的だったのは、スカイマークとほぼ同時期に、関空に参入した
ピーチ・アビエーションといえるでしょう。
ANA系列(ANA側は表だっては案内してませんが)のピーチは、就航当時から
「片道250円」なんていう爆安キャンペーンをはじめ、相対的な低価格運賃により
利用者を引き付け、サービスの細やかさなどは大手に及ばないにしても
「飛行機がこんなに安く利用できるなんて知らなかった」「マイルは付かなくても
安ければそれに越したことはない」などと考える新規顧客も取り込む格好になり、
日経記事によると座席利用率で「7~8割の高水準を維持している」のだとか。

一方、大手2社も機内での飲み物サービスの拡充などで違いを強調。
JALは座席利用率が7~8割。ANAでも6割強と「まずまずの水準(日経記事)」。
*飲み物サービス(普通席)、JALは原則として無料、ANAは一部除き有料というのは
両社の利用率に影響してないのでしょうか?

ところが、スカイマークの場合は、日経記事によると「利用率は4割台に低迷」
していたそうです。

以前は日経でも、スカイマーク、エア・ドゥ、ソラシドエア(スカイネットアジア)、
スターフライヤーなど、規制緩和が進んだ1990年代~2000年代初頭に相次いで設立された
航空会社は、LCC(格安航空会社)のほうに位置づけていましたが
いつの間にやら、国内LCCは前述のピーチと、同じくANA系のエアアジア・ジャパン、
JAL系のジェットスター・ジャパンの3社のみを示す言葉に変貌し、
スカイマークなどは、大手でもLCCでもない「中堅航空会社」になってしまってました。

これは(例えが適切ではないかもしれませんが)、いわゆるビール系飲料を
「ビール」「発泡酒」「第3のビール」と分類しているのと、
よく似ているかもしれません。

発泡酒は当初、「ビールより安い」といって、たちまちにして人気を得ましたが
さらに安い「第3のビール」が登場すると、値段も風味も中途半端な発泡酒は
純粋なビールと、第3のビールの二極化に挟まれて、存在意義が薄れていった感じに。

日経の記事でも、大手でもLCCでもない中堅組は「劣勢に立たされている」と
述べています。「スターフライヤーがANAの出資を受ける」ともありましたね。

機材の導入や路線の拡充など、LCC各社が攻勢を強める一方で、
「中堅航空はLCC対策が急務だ」と。
スカイマークも、「関空路線休止」と同じ日に、「那覇-石垣線就航」を発表したり
全路線1万円からの割引運賃「フリー」の設定など、大手やLCCと競合しない路線や
羽田発着路線に資源を集中し、少しでも収益を高める作戦をとる模様。
2014年予定の国際線進出、しかもいきなり成田-ニューヨーク線といった長距離便を
運航、A380など大型機を導入して低価格でビジネス客を取り込むという計画も
変わってないようです。

もっとも、日経の記事では「LCCの中にも明暗はある」と続けて、
エアアジアが知名度不足などから利用率が低迷し、社長交代もあったと述べてますが。
*書かれてなかったけど、ジェットスター・ジャパンも、社内規定に満たない整備士を
主任者に配置していたことで国交省から厳重注意を受け、飛行機の運航に支障が出る
事態になってますね


お読みいただきましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

JCBがお届けする、タイ国際航空に乗ってタイに行こう!キャンペーン [その他の航空会社]

皆さんこんにちは。「ゆるマイラー鉄子」を自認しているトラベルライター兼、
電子マネー研究家・岩間昌子と申します。
*旅行、または電子マネー関連の執筆の仕事がありましたら、ぜひ声をかけてください

先週末、タイ国際航空がビッグニュースを発表。
世界最大の旅客機、エアバスのA380がいよいよ日本線に就航(成田-バンコク線)
それも初就航日が、なんと2013年1月1日!
いや~、まさに正月早々めでたいというか、新年の幕開けを話題の飛行機で
祝いましょうということですね。

で、そのA380就航とは直接の関係はないようですが
JCBカードも、「タイ国際航空に乗ってタイに行こう!キャンペーン」
2012年12月1日(土)~2013年2月28日(木)の期間、実施中。

このキャンペーンは、次の3つのチャンスから成り立っています。


【チャンス1】
タイ国際航空公式ホームページ・タイ国際航空日比谷チケットカウンターでチャンス!

タイ国際航空公式ホームページおよびタイ国際航空日比谷チケットカウンターで、
JCBカードにてタイ国際航空の航空券(日本発着便)を購入のうえ搭乗し、
下記のキャンペーンページから参加登録すると、抽選で40名様に
タイ国際航空オリジナルスーツケースをプレゼント!

このスーツケース、タイ国際航空のシンボルカラーの鮮やかな紫に、
なんと「A380」の文字がデカデカと…まさに、みんなの注目を浴びること間違いなし!

さらに、タイ国際航空提携のJCBカード「ロイヤルオーキッドプラスJCBカード」
タイ国際航空の航空券(日本発着便)を購入すると、50名様に1万マイルが当たる
チャンスもありますよ!


【チャンス2】
海外旅行予約サイト“トルノス”でチャンス!

下記のキャンペーンページからリンクされている海外旅行予約サイト“トルノス”で
JCBカードにてタイ国際航空の航空券をご購入のうえ、搭乗すると
抽選でJTBトラベルギフトをプレゼント!
(10万円分3名様、5万円分10名様、1万円分20名様)

キャンペーン参加登録の必要はなく、期間中に購入のかたは全て対象。
しかも、このトラベルギフト、リンク先によると当キャンペーン限定の
タイ国際航空A380の特別デザイン、とか。ファンは心をくすぐられますね。
当選者数が少なく、何気に競争率は高いですが、タイへの渡航を考えている人は
気軽にトライしてみては。


【チャンス3】
JCBプラザ ラウンジ・バンコク、JCBプラザ・バンコクでチャンス!

JCBプラザ ラウンジ・バンコク、JCBプラザ・バンコクへ、搭乗されたタイ国際航空の
航空券とJCBカードをお持ちになると、もれなくNarayaポーチをプレゼント!
*キャンペーンページの写真によると、チェックと花柄が…2種類あるのか、
それともリバーシブルなのかはわかりませんが

ちなみにこのキャンペーン、タイ国際航空航空券の購入方法は問わないとのこと。
つまり、必ずしもJCBカードで買わなくても、ほかのクレジットカードで買っても
あるいは(未確認ですが)特典航空券でもOK、ってことなのかしら。


詳細が書かれたキャンペーンページは、こちらになります。
http://www.jcb.co.jp/campaign/c12_087thaiair.html


それにしても。ロイヤルオーキッドプラスJCBカードをお持ちのかたが
一番チャンスが多いわけですが、そのほかのJCBカードで航空券を買っても
OKのようですし、それどころか、JCBカードを航空券購入に使わなくても
ただ、忘れずにバンコクに持っていくだけで、ポーチがもらえるなんて
太っ腹というか、気前がいいと思いませんか。
*もちろん、航空券はタイ国際航空のものに限られます

なお、本キャンペーンは、すべてのJCBブランドカード発行会社が対象となるそうですが
一部、本キャンペーンの対象とならないカードがあるそうです。
明記はされてないけど、たぶん、ほかの航空会社との提携カードが
キャンペーン対象から外されているのではないでしょうかね。


お読みいただきましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

アメックスからヴァージンへ、30%ボーナスマイルキャンペーン [その他の航空会社]

皆さんこんにちは。「ゆるマイラー鉄子」を自認しているトラベルライター兼、
電子マネー研究家・岩間昌子と申します。
*旅行、または電子マネー関連の執筆の仕事がありましたら、ぜひ声をかけてください

相変わらず、ほかのマイラーさんのブログは、ANAマイレージクラブの大改定の話題で
持ちきり状態。でも、当ブログは独自路線。

当ブログでも取り上げましたが、2カ月ほど前、「布袋寅泰割」なる前代未聞の
割引運賃を発表しまして、ちょっとしたセンセーショナルを巻き起こした
イギリスのヴァージン アトランティック航空

そのヴァージン アトランティック航空のマイレージプログラム「フライング クラブ」に、
アメリカン・エキスプレス・カードのポイントを移行すると、30%ボーナスマイル
プレゼントされるキャンペーンが、現在実施されています。

アメリカン・エキスプレス 30%ボーナスマイルキャンペーン
http://www.virginatlantic.co.jp/campaign/amex/index.php

アメリカン・エキスプレス「メンバーシップ・リワード」のポイントから、
フライング クラブのマイルへ、2012年11月1日(木)~12月28日(金)17:00まで
移行手続きを完了すると、移行レートが30%アップ!

具体的には、メンバーシップ・リワード・プラスに登録のかたの場合、
通常メンバーシップ・リワード1,000ポイント→ヴァージン1,000マイルのところ、
キャンペーン期間中は、1,000ポイント→1,300マイルに!

また、メンバーシップ・リワード・プラスに未登録のかたの場合は
2,000ポイント単位での移行となり、通常2,000ポイント→1,000マイルが、
キャンペーン期間中は2,000ポイント→1,300マイルとなります。

*ウェブサイトからの初回登録、手続きの場合は、12月11日(火)17:00までの
移行手続きが必要です(初回手続きの場合、移行完了までに2週間程度かかることが
あるため)。

*メンバーシップ・リワード・プラスへの登録は参加費(3,150円/税込・年間/
2年目以降 自動更新)が必要です。

メンバーシップ・リワードからフライングクラブへのポイント移行は、
ウェブサイトまたは電話にて。電話の場合、移行完了までに1週間程度かかります。
またボーナス30%分のマイルは、移行完了後、加算までに約7日間かかることがあります。

ちなみに、ヴァージン アトランティック航空の成田~ロンドン間、
特典往復航空券に必要なマイル数は、エコノミー5万、プレミアムエコノミー7万、
アッパークラス10万マイル。日系航空会社とだいたい同じくらいですかね。

あ、そうそう、アメックスカードですが、このブログでも取り上げたことのある
ANAアメリカン・エキスプレスや、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスと
いった提携カードは、もちろん対象外となりますのでご了承ください。
その他、カード番号が3765-で始まるアメリカン・エキスプレスのBLUE、
カード番号の最初が3761-5、3761-74/75/76で始まる法人カードなども対象外となります。

さらに、フライングクラブ入会時の居住国が日本国外の場合は対象外となります。
現在、日本に居住している場合は、ヴァージンアトランティック航空予約部へ連絡して
現住所を日本に変更してから、ポイント→マイルへの移行手続きを取ってください。


お読みいただきましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

MileagePlusセゾンカードで、入会ボーナスキャンペーンを実施中 [その他の航空会社]

皆さんこんにちは。元祖・鉄子でもあり、「電子マ姐(ねえ)さん」としても売り込みを
図ろうとしているトラベルライター兼、電子マネー研究家・岩間昌子です。
*トラベルライターの仕事がありましたら、ご遠慮なく声をかけてください

今日は、ユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス」が貯まる
提携クレジットカードの、入会キャンペーンのご案内をします。

数あるマイレージプラス提携クレジットカードのなかでも、日本国内シェアNo.1なのが
「MileagePlusセゾンカード」なのだとか。
思うに、Visa、MasterCard、アメリカン・エキスプレスと3つの国際ブランドから
選べるうえに、プラチナまたはゴールドカード、または一般カードでもマイルアップ
メンバーズ(有料オプション、追加年会費5,250円)利用の場合、
1,000円につき15マイルと、トップクラスのマイル換算率を誇るからでしょうね。
*マイルアップメンバーズを利用しない場合は、1,000円につき5マイル

そのMileagePlusセゾンカードで、2012年6月15日~10月31日の期間中、新規ご入会で
最大12,000ボーナスマイルがプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

<特典1>
キャンペーン期間中に、下記いずれかのMileagePlusセゾンカードに
新規にお申し込みいただいたかたに、ボーナスマイルをプレゼント。
MileagePlusセゾンカード Visa…1,000マイル
MileagePlusセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード…1,000マイル
MileagePlusセゾンゴールドカード Visa…5,000マイル
MileagePlusセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード…5,000マイル
MileagePlusセゾンプラチナカード…10,000マイル

<特典2>
新規ご入会から3ヵ月間に20万円(税込)以上のショッピングのご利用で
もれなく2,000マイルプレゼント

なお、特典1・2とも、MasterCardブランドのMileagePlusセゾンカード、
MileagePlusセゾンゴールドカードは対象外となりますので、ご注意ください。
(MileagePlusセゾンプラチナカードはVisaブランドのみ)

最大12,000ボーナスマイルがもらえるのは、プラチナ入会+3カ月間に20万円の
ショッピング利用と、敷居が少々高く感じるかもしれませんが、
メインカードとして使おうと思っている人には、またとない機会ではないでしょうか。

そのほか、サンクスマイルとして、初年度を除く毎年の年会費請求時に、
MileagePlusセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは500マイル、
MileagePlusセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは1,500マイル、
MileagePlusセゾンプラチナカードは5,000マイルがプレゼントされます。
*そのほかのMileagePlusセゾンカード、MileagePlusセゾンゴールドカードは対象外

キャンペーンについての詳細は、こちらのページをご覧ください。
http://www.saisoncard.co.jp/mileage/ua/

また、その他のマイレージプラス提携クレジットカードについても、検討したいかたは
それぞれのリンク先をご覧ください(いずれも日本在住者対象です)。

MileagePlus UCカード(ご利用金額100円あたり最大1マイル加算)
http://www2.uccard.co.jp/card/lineup/mileageplus.html

MileagePlus JCBカード(ご利用金額100円あたり最大1.5マイル加算)
http://www.jcb.co.jp/ordercard/teikei/mileageplus_tk.html

MileagePlus MUFGカード(ご利用金額100円あたり1マイル加算)
http://www.cr.mufg.jp/apply/card/mileageplus/index.html

MileagePlus ダイナースクラブカード(日本でのご利用につき100円で最大1.5マイル
海外でのご利用につき100円で2マイル獲得)
http://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/milageplusdinersclub.html


お読みいただきましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

VSのあっと驚く「布袋寅泰割」、ロンドン往復38,000円~! [その他の航空会社]

皆さんこんにちは。元祖・鉄子でもあり、「電子マ姐(ねえ)さん」としても売り込みを
図ろうとしているトラベルライター兼、電子マネー研究家・岩間昌子です。
*トラベルライターの仕事がありましたら、ご遠慮なく声をかけてください

購読している、ヴァージン アトランティック航空(VS)
今日配信されたメールマガジン号外、記事タイトルを見て、目が点になりました。

「布袋寅泰割 エコノミークラス 38,000円~」

な、なんですか、これ!?

あわてて、該当ページにアクセス。
http://www.virginatlantic.co.jp/tariff.php?code=4B53657L2

確かに、そこには「布袋寅泰割」の文字が…!!

いや、航空チケットにはいろんな割引がありますが、個人名の付いた割引
(しかも現役でバリバリ活躍中の人)って、VSに限らず過去にあったでしょうか。
あったとしても、大変なレアケースではないかと思うのですが。

で、メールマガジンにあった、VSと布袋氏とのコラボレーションページ、
「ヴァージン × 布袋寅泰 スペシャルページ」のURLを、クリックしてみました。
http://www.virginatlantic.co.jp/hotei/
本格始動は2012年10月9日を予定。偶然にも、ジョン・レノンの誕生日と同じですね

そのスペシャルページにあった説明によると、VSは日本を代表するロックギタリスト、
布袋寅泰氏(元ボウイのメンバーであるとか、今井美樹さんと再婚したことなどで
ご存じの人も多いでしょう)が今夏、ロンドンへ移住したことを機に
フレンドシップ・カンパニーとして氏を応援することを記念し、
今回の特別運賃「布袋寅泰割」を設定、販売を開始したのだとか。

この「布袋寅泰割」、販売期間は2012年11月15日までで、
旅行期間は2012年11月1日~2013年2月28日(出発日)。東京-ロンドン往復の
最低運賃は38,000円~で、クリスマス期間は44,000円~、年末年始は64,000円~と
なります。年末年始期間でも利用できるのは嬉しいですね。
*上記運賃には税金、サーチャージ類は含まれていません

出発の7日前まで購入が可能。サイトでの予約の場合、予約と同時に
クレジットカードでのお支払いとなります。滞在は最小現地3泊~最大14日間。
往路土・日発、復路金・土発は、週末追加運賃(5,000円)が課されます。

また、予約後の日程変更と航空券購入後の払い戻しは、いずれも不可となります。

それから、VSの便名が付いていても、コードシェア便(VS7801/VS7802)は
利用できませんので、ご了解ください(ANAの機材と乗務員で運航される便です)。

そして、マイラーにとって気になる、マイル積算率…というか
そもそも、マイルが付くかどうかということですが、今回は予約クラス「O」にあたり
このページによると、50%のマイルが付くようですね。
http://www.virginatlantic.co.jp/flyingandmileage/mileage/save/virgin.php#1
*過去には「O」運賃でマイルが付かないこともあったような…

正直、値段の安さよりも、割引運賃名のインパクトが強くて、当ブログでの紹介を
決めたようなもの。それでも、布袋氏の公式ブログの最新記事を一読してみると
ロンドンで始まったばかりの新生活についての感動や決意が率直に書かれており
共感するところも多かったです。
(氏は私と同学年にあたるんですよね。「成功者」としての人生、羨ましく思います)

皆さんも、「布袋寅泰割」を利用して、晩秋~冬のロンドンを訪ねてみませんか?

また、12月にロンドンのRoundhouseで行なわれる布袋寅泰ロンドン公演の
オフィシャルツアーも、好評販売中! 詳しくは下記のページで。
http://www.his-j.com/kanto/corp/group/event/hoteitomoyasu/


お読みいただきましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

キャセイがブロガーを対象に、2万マイル付き香港旅行にご招待! [その他の航空会社]

皆さんこんにちは。元祖・鉄子でもあり、「電子マ姐(ねえ)さん」としても売り込みを
図ろうとしているトラベルライター兼、電子マネー研究家・岩間昌子です。
*トラベルライターの仕事がありましたら、ご遠慮なく声をかけてください

当ブログでもたびたび紹介している、Twitterなどでつぶやくだけで
抽選で、万単位のマイルが当たる、キャセイパシフィック航空(CX)
ごほうびマイルキャンペーン
http://www.cathaypacific.co.jp/hongkong/millionmile2/
↑香港でやりたいことをツイートすれば、毎週1名様に3万アジア・マイルが
当たります。締切は8月5日。

そして、当ブログ2012年5月31日付の記事でもご案内しておりましたが、
今夏実施が予告されていた、「一般のブロガーに参加していただく
合計100,000アジア・マイルプレゼント企画」。その詳細が決定!

まさに本日、2012年7月23日から募集がスタートしましたので、お伝えします。

「オトナの社会科見学in香港」
http://www.cathaypacific.co.jp/hongkong/kengaku/

キャセイパシフィック航空と香港政府観光局は、「オトナの社会科見学in香港」と題して、
11月上旬に3泊4日で香港観光と、CXの本社ビル「Cathay City」を見学し、
ご自身のブログにアップしてくださるブロガーのかたを5名募集!

旅の目玉は、通常一般のかたが入ることのできない「Cathay City」の見学。
キャセイミュージアム、トレーニングセンター、フライトシミュレーターなど
さまざまな機能があり、CXの歴史と今を知ることができますよ。
そのほか、機内食工場などの見学も予定されています。

また、香港観光では最新の観光スポットへのご案内や、太極拳などのカルチャー体験も。

渡航費と宿泊費はキャセイパシフィック航空と香港政府観光局にて負担。
さらに、懸賞で当たる旅行はマイルが付かないのが常識なのに
この旅では、各ブロガーになんと、日本-香港間のフライトマイルを大幅に上回る
20,000マイルものごほうびマイルをプレゼント!

ただ、それだけに、応募条件などは結構きびしいようで。

日本在住者で18歳以上(応募時)であること。*20歳未満の場合は親権者の同意が必要。
ブログを6カ月以上(応募時)運営していること。
帰国後10日以内に最低3記事掲載。2012年12月15日までに合計10記事以上
掲載すること。
1記事につき、400文字以上、写真は最低2点掲載すること。
・約束どおり(内容・回数・タイミングなど)に、ブログをアップ頂けない場合は、
本香港ツアーでかかった費用を負担していただくことがございます。
などなど。

また、ツアーは2012年11月2日(金) -11月5日(月)を予定(祝日と日曜日を挟みます)。
本香港ツアーには、キャセイパシフィック航空、香港政府観光局よりエスコートが
1名ずつ同行し、当選者全員同じ日程で、エスコート付きでの旅行となるそうなので
自由気ままに…とはいかないかもしれません。

あと応募時には、ご本人の顔がわかるプロフィール写真(1MB以下のjpg/png/gif画像)の
アップや、ブログ情報(タイトル、URL、スタートしてからの年数、月間アクセス数)が
必要になります。

それから、約200文字程度で応募動機を書くことも必須条件になりますが、
いかにこの文字数で、自分の熱い思いを伝えられるかが決め手となりそうです。
当選者は5名様と、競争率がかなり高くなることが予想されますので
関心のあるかたは、 2012年9月10日(月)の締切日までには間に合うように、
応募動機の文章を練り込んでみてください。


よろしければいずれか、クリックお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞
前の10件 | - その他の航空会社 ブログトップ