So-net無料ブログ作成

スマートプラス(ビザ タッチ)の逆襲 [電子マネー]

ホントに久々に、このブログのテーマに関することを書きます。

今日の日経新聞朝刊の一面トップに「グーグル決済 秋にも上陸」という記事が出ました。
いわば、グーグルが提供するアンドロイド対応のスマートフォンに
「アンドロイドペイ」なる電子決済サービスを導入。
日本で普及する「おさいふケータイ」電子マネーと同様のシステムで、
ダウンロードした専用アプリにクレジットカードやデビットカードなどを登録。
支払いの際に専用読み取り機にスマホをかざすと、決済が済むということです。

以前、当ブログでiPhoneに対応した「アップルペイ」を取り上げたことがあり
それのアンドロイド版と考えればいいでしょう。
iPhoneも次期バージョンでは、近距離無線通信規格「NFC」(日本でスタンダードに
なっている電子マネーの規格「フェリカ」も、NFCの一種)に対応するとかどうとか
伝えられてますが、ライバルのアンドロイドも、今秋、三菱東京ファイナンシャル
グループと組んで、英米やオーストラリア等ですでに始まっているアンドロイドペイを
日本でも始めることが発表され、まずは、三菱東京UFJのデビットカードに対応。
年内にも、三菱UFJニコス発行のクレジットカードでも使えるようにするそうです。

この話を聞いて私は、以前、三菱UFJニコスが鳴り物入りで導入した
後払い式電子マネー「スマートプラス(ビザ タッチ)」を思い出しました。

スマートプラスとビザ タッチは名前は違うけど中身は事実上一緒で、
高速道路のサービスエリア内のお店や自販機、飲食施設をはじめ、コンビニなど
一時はいろんなところで使えたものでしたが、何しろ後発の悲しさ。
キャンペーンの類も少なく、使えるお店も広まらず、私自身も当ブログで
ほとんど取り上げることのないまま、いつの間にかサービスが終了してしまった
感があります。

語弊があるかもしれませんが、今回のサービスを聞いて、懲りない三菱UFJニコスが
また電子マネー分野に参入するのかと…。スマートプラス(ビザ タッチ)の逆襲!?

まあ、それはいいんですが、ユーザにとって何より大事なのが、使える店が
身近にあるかということ。

グーグルはスイカや楽天エディ、iD、クイックペイなど、ほかの電子マネーと
共用で使用できる読み取り機への相乗りを求めているようですが
早くも「これ以上電子マネーの種類が増えても…」という嘆きも聞こえそう。

そしてマイラーにとって重要なのが、アンドロイドペイで何らかのポイントがためられ
そのポイントが、航空マイルなり他のポイントなりに交換できるかということ。

このへんが魅力あるものでなければ、三菱UFJフィナンシャルグループは
スマートプラス(ビザ タッチ)の二の舞を踏まないとは限りませんよ。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞