So-net無料ブログ作成
検索選択

入院と手術 [あいさつ・内輪話]

残暑お見舞い申し上げます、という挨拶がはばかれるほどの今の気候。
今ごろになって、今年は冷夏になるだろうといった長期予報が当たるなんて…。
(昨年も天候不順だったが、今年ほど極端ではなかった)
ホントに暑かったのはほんの一瞬って感じでしたよね。

さて、以前にも申し上げていたことですが、腋の下のリンパ節が大きく腫れ上がり、
一時期は痛みも伴い、病院での検査の結果、良性の腫瘍と判明。
会社の夏休みを利用して、摘出手術を行い3日間入院。
退院の翌日より、通常通り会社へ行っています。

入院は高校生の時以来で、そんな大したことはないとたかをくくっていたのですが
実は、予後が思ったほどよろしくないんですよね。

なかでも、手術から2週間以上経つのに、痛みがなかなか取れないのが最大の悩み
(手術直後は、ほとんど痛くなかったのに)。
我慢できないほどではないんですが、処方してもらった痛み止めもほとんど効かず
小さな痛みが、ずっと持続している感じ。傷跡そのものより、その周囲とか
肩の外側とかが痛くなったりして、時々は電気が走るような激痛やしびれも。

鉄棒にぶら下がったりとか、重いものを持ち上げたりとかなどを除けば
運動制限は特になく、日常生活に支障はほぼない状態ですが
やはり、腋の下に何か物が挟まっている感じとか、不快感は否めず。
つい痛みをかばったりして、例えば、ただ歩くだけでも、腕の振り方が不自然になったり。
病気になる前に比べ、何にも煩わされることなく
自由にいろいろな動きができなくなっていることに、ショックを受けています。
(医者に相談したら、痛みが数ヶ月続くのは仕方がない、とのこと)

こんな事情ですから、やらなきゃならないこと、やりたかったことが
いっぱいあるはずなのに、億劫になってしまう…。
今後のことを思うと、つい悲観的な気分に陥ってしまいます。

半面、悪性でなかったのは不幸中の幸いだし
今の仕事が来年1月までの契約が本決まりになり、それなりにやりがいがあって
無理なく定時で帰れるのはありがたい限りだし。

何より、痛みとの格闘で疲れてる(?)せいか、あんなに悩まされていた
寝付きの悪さも、かなり改善された感じです(完治はしてないけど)。
それこそ、文字通りの「痛し痒し」でしょうか(痒くはありませんが)。

ご無沙汰している人たちに近況報告しようかと、残暑見舞いの筆をとろうとしたとたん
こんな気候になってしまいましたから、なかなか手が付きません。
それでも、こちらも懸案である「自分の本を出す」夢については、実現すべく
近日中にあらためて取りかかりたいと思っています。
今後とも応援、よろしくお願いします。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感