So-net無料ブログ作成

リラックマおさいふPonta登場! [電子マネー]

およそ一年近く前、当ブログではローソンなどで使える
Pontaポイントがたまる新しい電子マネー「おさいふPonta」を紹介し、
私自身、いち早く手に入れたことを伝えましたが。

じつはこの「おさいふPonta」、当初こそ結構使っていましたが
最近はほとんど使っていないんですよ。

というのも、ローソンは自宅から比較的遠く(最寄り店でも徒歩10分強)
その一方で、今年に入ってから間欠的に勤めていた職場は、逆に近すぎるほどの
場所にローソンがあるのですが、こぢんまりしたお店のうえに、学校が近いこともあり
朝や昼休み時間などは生徒や学生でごった返していて、かえって入りにくかった印象も。

そのうえ、ほかの電子マネーに比べ、「おさいふPonta」は結構使いにくいという意識が
刷り込まれてしまいまして。

まず第一に、思ったよりも「おさいふPonta」が、お店側に浸透していないこと。
いや、電子マネーの入っていない「Pontaカード」は使えても、「おさいふPonta」が
電子マネーとして使えないPonta提携店が意外と多いのは事実ですが。
*詳しくは以下のPDFページを。ゲオ、昭和シェル石油、ケンタッキーなどの
有名店も含まれています
*おさいふPontaをPonta(ポイント)カードとして使うことは、昭和シェル石油など
一部のお店を除き可能です
http://www.osaifuponta.lawson.co.jp/use/shopping/available.pdf

私がいいたいのは、このサービスの基幹店であるはずのローソン自体が
あまり「おさいふPonta」の扱いに慣れてないのではと思われることなんです。

最初の頃は、買い物の際にせっかく「おさいふPonta」1枚をヒョイと出しても
ポイントカードの「Pontaカード」と解釈され、「お支払いは?」なんて
ほかに現金なり電子マネー(楽天EdyやSuicaなど)を出さないのか、と催促されてる感が。

なかには「(Ponta提携店以外では)JCB加盟店で使えます」というアナウンスを受けて
なぜかローソンでも「JCBの(クレジット)カードでお支払いですか?」と聞かれたり。
*JCBマークは入ってますが、おさいふPontaはクレジットカードではないので、
原則として、チャージ分の代金しか払えません
*一部のJCB加盟店では、即時引き落としされず、チャージ分を超えた取引が成立する
場合があります(差額は後日支払い)

たとえば、我が家からはローソン本体よりも「ローソン100」のほうが近いのですが
初めてローソン100で「おさいふPonta」を使ったときは、店員さんがまったく要領を得ず
結局「JCB加盟店での支払い」扱いを受けたっけ。
それ以後、ローソン100はほぼ利用が皆無になったなあ…。

もっとも、ローソンで「おさいふPonta」がスタートしたのとほぼ同時期に
NTTドコモ肝いりの「dポイント」サービスというのが、始まりましたよね。
正直、ローソンでは今に至るまで、外様? のはずの「dポイント」のほうに
力を入れていたような…キャンペーンもdポイントがらみのほうが、圧倒的に多い!

さらに、ローソンでは「WAON」も使えるようになって
ただでさえいろんな電子マネーが使えるところに、さまざまな決済方法に
対処していかなければならないというのは、お店側にとっても大変なもの。

職歴の浅いアルバイトさんとか、日本語や日本の生活様式に慣れていない
外国人スタッフさんはもとより、ローソンで長く働いてるベテラン店員さんなど
ずっとポイントカードの「Pontaカード」を扱ってきたこともあって
かえって、「おさいふPonta」の存在にとまどうこともあるんじゃないかしら。

またユーザ側のほうも、次から次へと誕生する電子マネーにいちいち対応するのは
面倒と、あまり飛びつかなくなってる事情もあるのでは。

さらに私自身の個人的理由として。

*クレジットチャージできるカードとして、唯一手数料の要らない
「セゾンカード」を持っていたこともあって(ほかのブランドは手数料200円+税)
「おさいふPonta」を積極的に使おうと思っていたが、チャージ自体が次第に面倒になり
「やっぱりダイレクトにセゾンカードを使ったほうが早いだろ」とばかりに、
チャージを控えるようになってしまった

*使うたびにいちいちメールで「使用のお知らせ」がくるのがウザい
(万が一の不正使用への防止策とはいえ…)

*「Pontaポイント」がJALマイレージバンクと結び付けられるのは知っているが、
その手続きさえ面倒に思うようになった。つまり「Pontaポイント」を熱心にためようと
思う気持ちが、かなり薄れてしまっている

と、自分自身が悪循環に陥ってしまっているわけです。

これらの理由もあって、「おさいふPonta」利用者が期待していたほどには
増えていなかったのでしょうか。ついにローソンは、こんな「秘密兵器」を出すことに
踏み切ったようです。

リラックマ×おさいふPonta
http://l-tike.com/concert/rilakkuma/ponta/

まさにローソンのキャンペーンキャラクターみたいになっている人気の「リラックマ」と
「おさいふPonta」とのコラボカードが誕生!
2016年9月16日(金)10:00~12月9日(金)23:59の間、
HMV店舗(一部除く、10月1日より受付)やローソン店頭Loppi(ミニストップでは不可)、
ローチケHMVサイトで発行を受付。申し込み先により即時発行、または
手数料(税込500円)支払い後8~14日後に店舗渡しか登録住所に発送となります。
(発送の場合、別に送料324円がかかります)

また、10月14日(金)23:59まで申し込めば、小鉢セット込みで1,580円(税込)で
リラックマおさいふPontaを手に入れることができます。
*ローチケHMVで申し込み、ローソン店頭Loppi(ミニストップでは不可)で支払うと
いう条件があります。またカードは登録住所へ発送で、別に送料324円がかかり
小鉢はお支払い店舗で12月29日(木)以降のお渡しとなります

さらに、2016年12月9日(金)までに、キャンペーンエントリーのうえ
リラックマおさいふPontaに5,000円以上チャージすると、抽選で100名様に
リラックマオリジナル箸&箸袋セットをプレゼント!
詳細は、上記の「リラックマ×おさいふPonta」リンク先をご覧ください。

…うーん、それにしても。私個人としては、普通の「おさいふPonta」よりも
リラックマコラボカードのほうがデザインは好みだなあ。
初めっからこちらのカードを出してくれれば、もう少し「おさいふPonta」を
バンバン使ってたかもしれないのに。

それでも。店頭に積まれてあって、自由に取っていってよかった普通の
「おさいふPonta」と異なり、リラックマコラボカードは発行手数料だけで500円。

いや、すでに「おさいふPonta」を持ってる人が「リラックマおさいふPonta」を
持つことは可能だけど、ポイント移行をする場合は、また面倒な手続きが必要そうだし。

それに、10月から新たな職場に勤めることが決まっているけど、ローソンが
ライバルコンビニに比べて近くにあるってわけじゃないし。

たぶん、今後も「おさいふPonta」使いそうにはないですね、私の場合は。

「おさいふPonta」について知りたい場合は、こちらのサイトをご覧ください。
リラックマ以外にも、映画やプロ野球チームとのコラボカードもあるようです。
http://www.osaifuponta.lawson.co.jp/


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

コメント 1

通りすがりのクマ

おさいふpontaは電子マネーではありませんよ
by 通りすがりのクマ (2016-10-26 15:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0