So-net無料ブログ作成
検索選択

プラダケータイは気になるけれど [レビュー記事]

10年ほど前、PRADAのロゴの入った、小さな黒いリュックを持った人が
街なかにあふれていた頃。

駆け出しのトラベルライターだった私は、いっちょ前に一眼レフカメラ
(もちろんデジタルじゃありません)をカメラバッグに詰め、鉄道誌や情報誌の仕事で
東京都内の商店街やレストランから全国の観光地まで、取材に出かけていました。

その頃の悩みは、自分にしっくり来るカメラバッグになかなか出会えなかったこと。
どうしても女性が持つにはごついデザインのものが多く、かといってたまに
可愛らしい仕様のを見かけても、機材やら何やらがすべて収納できなかったり、
はたまたエレガントな女性向け、とうたってるカメラバッグも、自分のファッションには
いまひとつ馴染まず。今考えると、当時はどーでもいいことで悩んでいたものです。

そして、街のどこでも目にしたプラダのリュックを見て、
「あ、プラダのカメラバッグがあったら、どんなにステキだろう」と、ふとひらめき。

プラダがカメラバッグ出してくれないかなと、一時は真剣に思っていました。
そんなに需要がないのかな。いっこうに登場する気配がないのをみると、今度は
「じゃあ、自分でオーダーするしかないかな。でも、オーダー料高いんだろうな。
それこそ、クルマ1台分くらい必要だったりして」なんて、妄想はエスカレート。

そんなこんなで躊躇しているうち、私の仕事は別にカメラマンがつくものにシフトし、
自らが撮影しなければならない義務は激減。カメラに触れる機会もめっきり少なくなり、
プラダのカメラバッグのことも、次第には自分の関心事から消え去ってしまいました。

でもあの時、外面ばっかり気にして、カメラバッグにこだわるよりも
自分の撮影の腕を磨くほうに精進してれば、もう少し大成し
写真も撮れるトラベルライターとして、一本立ちしていたかもしれなかったのに。
ホントに今考えると、当時はどーでもいいことで悩んでいたものです。

さて月日は流れ、本業よりも、副業のはずの校正や編集の仕事のほうが
労働日数も収入も多くなってしまった現在。
久々に、気になる「PRADA」製品が、私の目の前に現れました。



NTTドコモの携帯端末、「PRADA Phone by LG」(型番はL852 i)。
プラダとLG電子のコラボレーションによる、既に世界四十数カ国で80万台以上を
売り上げた究極のスタイリッシュケータイで、日本では2008年6月1日に発売。
なんと、先行予約台数の段階でNTTドコモ携帯端末の歴代1位を記録し、
実際に販売が始まってからも売り上げは好調に推移。一部店舗では品薄状態だとか。

実は私、1カ月ほど前に、プラダケータイが発売されるという話を聞いて
現在の勤め先の近くの、DoCoMoショップに見に行ったことがあるんです。
そこでは実機ではなく、モックアップっていうんですか? イメージ模型の展示でしたが
なりは小さくとも、プラダならではの黒いボディ、高級ブランドの名にふさわしい
洗練されたフォルムが、静かに存在感を主張してるって感じで。



その時は手に触れなかったんですが、このPRADA Phone by LGの最大の特徴は
なんといっても「全面フルタッチスクリーン」を採用していること。
いわばタッチパネル式といえばいいのでしょうか、大きな全面スクリーンに表示された
アイコンに指や専用のスタイラスペンで触れることで、実用的な操作はもちろん
お絵かきも簡単。オリジナルデコメールも、気軽に作れたりします。

タッチパネルと聞くと誤動作を心配するムキもあるでしょうが、このプラダケータイは、
他のタッチパネル式携帯電話では一般的な「静電式」ではなく、「加圧式」を
採用しているとのこと。なんでも加圧式のほうが、周囲の湿度や気温といった
環境の影響を受けにくく、いつでも正確な操作がしやすいそうです。
そういえば「静電式」は、ノートパソコンのタッチパッドでもスタンダードらしいですが
自分のノートパソコン、あまりにタッチパッドの感度が良すぎて(?)
カーソルが暴走するようになり、今ではタッチパッドの接続を切って、
外付けマウスを使ってるほど。いやはや、「加圧式」の優位性が、実感できますね。

ほかにもPRADA Phone by LGは、着うたフルやテレビ電話、フルブラウザ、
高性能レンズ2メガカメラ搭載など、便利な機能を備えてます。

でもでも。ちょっと残念なのは、それなりにお値段が張ることよりも

おサイフケータイ機能が付いてないこと

他社キャリアですが、1年ほど前におサイフケータイを手に入れ、
Edy、Suica、QUICPayなどの電子マネーアプリをインストール、
チャージや利用により、マイルやポイントをガンガンに貯め
ホントに財布の中の現金にしばらく手を付けなくとも済む生活を続けている
バリバリのマイラーの私にとって、「おサイフケータイ」機能がないってことは
致命傷といってもいいくらいです。

しかもドコモといえば、非接触ICクレジット決済のなかでは、かなり普及率の高い
「iD」が使えるということだけでも、ありがたいのに。
この「iD」、電子マネーでは先陣切って、2008年6月下旬からグアムや中国など
海外でも使えるようになるのをはじめ、コンビニでの導入もめざましく
ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、am/pm、ココストアなどのほか
2008年7月からはデイリーヤマザキ、そして2009年2月にはスリーエフでも
導入されるというリリースも、先日発表されたところです。

フェリカマークなどがデザイン的に邪魔なのか、
ただでさえ高価なのに、さらにお財布を搭載するのは危険きわまりないと判断されたのか。

でも、プラダケータイの2代目として、おサイフケータイ機能付きが販売されれば
清水の舞台から飛び降りたつもり(?)で、私はキャリア変更するかもしれません。
なんといっても、かつてはカメラバッグの妄想を通して、憧れたブランドだもの。
もし手に入れることができれば、「プラダのカメラバッグを携え、世界を股にかけ
活躍するトラベルライター」になることを夢見ていた、あの頃の自分に戻れるような
気がして。そう、迷い多く、心身がだらけ気味の今の自分に活を入れるためにも。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。